男の娘は俺の嫁

発行者: 20.09.2021

Top Rss Contact. ある程度歳行ったら少なからず結婚考えたりするだろう。 でも結婚しても良いと思った元カノがいました、とか言わないだろ。 1みたいに全部知りたいのも理解できるが 嫁みたいにいちいち言わないのも理解できる.

昨日嫁の父親が酔った勢いで話してくれたwwwwwwwwww なんで嫁は今まで黙ってたんだよwwwwwwwwww ふざけんなクソが. わかった落ち着く とりあえず嫁から聞き出すこと ・今も連絡は取っているのか ・未練はあるのか ・相手のプロフィールと当時の状況 他に何かあるかな.

当たり前の日常が終わる。 ともちゃんの言葉が胸に突き刺さったまま僕は数日を過ごした。そんなある土曜日のことちょっと遅く起きて家族みんなで朝食を食べた。普段の朝は時間が無いので妻と娘はトースト、僕は納豆や生卵ご飯が多いけれど休みの日は妻が何か作ってくれた。お昼はどこかに食べに行ってその後は買い物でもしようと話した。それから僕は準備をしてジムに向かい娘は勉強、妻は片付けなどそれぞれする事になった。数時間後ジムから帰って来て手を洗おうとしたらハンドソープの出が悪かった。詰め替え用パックを適当に探してみたがどこにも見当たらない。リビングでアイロンをかけていた妻に聞きに行くと、洗面所の戸棚にあると言う。また戻ってそこを探しても見つからない。どこにも無いじゃん・・・僕はぶつくさ文句を言いながら他のところも色々開けて探していた。そして洗面台の一番下の引き出しを開けた。そこには妻が男とホテルに行った時に持ち帰って来たアメニティグッズなども一緒に入っているのは知っていた。しかし、それが丸ごと全部消えていた。あれ?どうしたんだろう・・・僕は腰をかがめて引き出しの奥の方もガサゴソと探ってみたが、やはりそれらしきものは無かった。その瞬間、僕は呼吸が止まるほど驚いた。知らぬ間に妻が背後に立っていたのだ。僕はまるで悪い事を見られた子供のように動転して咄嗟にある言葉が口をついて出てしまった。「ここにあったアメニティどうしたの?」何を言ってるんだ・・・言い終わると同時に激しく後悔した。妻はその場に黙って立っていた。僕は妻の顔を見上げた。その表情を見た時に妻の心の中の張りつめた糸がプツリと切れる音が聞こえた気がした。今、この当たり前の日常が終わる。僕はそう思った。.

さて汚親父と会って来た。 県営住宅の契約は汚親父だから2人が出て行く必要は全く無い。 「もうあの馬廘には疲れた親子の縁切って他人になる」 って言うから 「それが一番ですね」 って言っといた。. 前ページ 次ページ.

NEWS CHOICE. 10 ? LINE H     2  .

笑えれば。 答えが見出せずに頭を抱えていた日々。その間は誰にも会いたくなかったしわざわざ出かけようとも思わなかった。それがある日思いのほかあっけなくふらっと立ち上がる事が出来た。悩むだけ悩んでどうにもならなくなったら後はもう、なるようになると諦めて吹っ切れるしかない。僕は昔から結構そんなタイプだ。そしてその勢いで学生時代の友人ダイスケに連絡してすぐに会う事になった。いつものたわいのない話題で盛り上がる。実に心地が良かった。僕は少し迷ったが、その場の流れでこの現状を話してみた。「ほらな、言った通りじゃん。」ダイスケは最初こそ驚いた様子だったがしまいには呆れ顔で大袈裟にそう言った。実は以前、まだ妻がSNSで怪しかった頃にこの話をして彼にクギを刺されていた。そしてそれから何度も妻の様子を聞かれ僕は何となくうやむやに答えてお茶を濁していたのだった。それが今やこの現状になっているので彼が呆れるのも無理はない。その日はずっとこの話をほじくり返された。彼は酔って冗談交じりに茶化してきたがさりげない僕への気遣いも見え隠れしていて何も悪い気はしなかった。むしろ僕もそれに悪態で応戦したりしてまるで子供のように2人で笑った。僕の気分を上げようとそのまま女の子がいるお店に行ってもダイスケは変わらず同じ調子だった。「こいつ嫁さんに浮気されてんだぜ!」いきなりそんな話題をぶち込んでこの場の空気がどうなるかと焦ったが、百戦錬磨の女の子たちはビクともせず逆にもっとおどろおどろしい話を聞かされ僕たちは降参して店を出た。その日、僕は久しぶりに思いっきり笑った。何も問題は解決していないのだがそれでも心の中はスッキリ軽くなった。そして次第に僕は外出することが多くなっていった。. net 外は風が吹くまくってるので外出もせずに家にいたらファックスが来てた。. 芸能人ブログ 人気ブログ Ameba新規登録 無料 ログイン.
  • net 無視は駄目じゃねーの?.
  • 前ページ 次ページ 31 Jan.

雉シ蜈・繧ェ繝励す繝ァ繝ウ

やましい感情がないなら「過去に婚約者が~」って言うはずだろwwwwww 黙ってたってことはそういうことだろwwwwwwww 馬鹿にしやがってよwwwwwwwww. 学校は担任の先生にアポ取って午後から半休取って行って来た。 学校に行って担任に事情話したら教頭と学年主任も呼んでくれて話した。 俺と俺が指名した事を証明出来る人間以外には接触させないって事約束してくれた。.

net ネタ認定されても困るけど報告。 昨夜先生の家に娘と一緒に行ってずうずうしくもお願いして来た。 先生ご両親とても気さくな人で 「堅苦しい挨拶抜きで」 って事で娘の事情をもう一度話してお願いしてきた。 クルシュ様 猫 「孫みたいなもんだから爺婆が面倒見るのは当たり前」 だそうで俺としては心苦しい。 娘のほうはすっかり仲良しみたいで 「先生爺ちゃん、先生婆ちゃん」 って呼んでた。 手土産は箱入りメロン持って行った。 学校は担任の先生にアポ取って午後から半休取って行って来た。 学校に行って担任に事情話したら教頭と学年主任も呼んでくれて話した。 俺と俺が指名した事を証明出来る人間以外には接触させないって事約束してくれた。 昨晩は久しぶりに娘のいない家で過ごしたけどなんか違和感があった。 因みに今日は急遽休みになってゴロゴロ中。.

net そこで先生とお別れして娘をピンクのアルトに乗せて家路についた。 そこで娘が 「お父さん、最初から先生にお願いしようと思ってたでしょう」 と言われてビクッとしてたら。 「お父さん分かりやすいから」 って言われた。 「でもおとうさん私いなくて大丈夫?」 って言われた。 「大丈夫だよずっとってわけじゃないしな」 「長くても1ヶ月ぐらいだと思うからね」 「先生とご家族に迷惑かけないようにしろよ」 と返しといた。 家に帰ったら速攻で部屋に走って行って荷造りしてる。. 今帰ってきた。 迎えに行ったら先生と一緒にいたから予定を早めて作戦開始。 「あのなあ娘子、お父さんもう直ぐ仕事で早く帰れなくなるんだよ」 「もしかしたら会社に泊まりの日もあるけどどうしようか?」 「娘子が夜一人になるのも心配だしな」 「おじちゃんの所は遠すぎるから無理だし」 って困った顔して言ったら 「あら、大変ですね娘子ちゃんお料理とか大丈夫?」 と助け舟 「え~、私そんなん無理だよどうしろって言うのよ~」 と言ったきり俺と先生の顔交互に見ながら膨れっ面。 そこで先生がひらめいたような顔して 「そうだ私の所に来ない」 「下宿すると思ってそれならお父さんも安心だろうし」 「どうせそのうち一緒に住むんだから予行演習しとこうよ」 と思ってもいない事まで言い出した。 娘とたんに明るい顔になって 「え~、いいの」 「ねっお父さんそれでいいの?」 って聞くんで 「そりゃ先生に頼めるんならそれが一番安心だよ」 って言ったら 「じゃ決まりだね、いつから?」 って言い終わらないうちに先生が 「じゃあ明日からで」 メアリィ バンド と先生 「じゃあ厚かましいお願いですけどよろしくお願いします」 と俺。.

眠れない夜。 男の顔を見てからしばらくの間僕はあまり良く眠れなかった。それはまだ熱帯夜が続く頃で部屋を暗くして目を閉じていると微かに唸るエアコンの音が耳の中で響きさらに眠気を遠ざけた。僕の頭の中では今までの記憶が何度も勝手に再生された。僕がずっと見ていた妻の隣には実際にはそこにいなかったはずのあの男が立っている。その映像を払いのけようと寝返りをしてみてもまた同じことの繰り返しでそのまま朝をむかえる日々だった。さすがにその頃は暑さと寝不足で体調もあまり優れない事が多かった。それでも日の沈まないうちはやらなければならない仕事があるので逆にそれに救われた気がした。しかしまた夜が来る。この先どうなるんだろう・・・今までは僕の中だけでなんとか消化できていた何かが体から抜け出してだんだん大きくなりそしてこの僕を押し潰そうとしていた。そんな僕の隣で静かに寝息をたてる妻。妻はその時どんな夢を見ていたのだろう。.

net. SNS. Share on Tumblr.

「うちの嫁は……」とパートナーを呼ぶのは、正しいの?

NEWS CHOICE. あの朝。 僕があの男の顔を初めて見た朝。リビングのソファーに座ってぼんやりとテレビを眺めている娘の隣で僕は妻のスマホを握りしめてまじろぎもせずに男の顔に見入っていた。すると不意に寝室から妻がリビングに近づく物音。僕は慌ててスマホの画面を消し裏返しにして娘の近くに置いてちゃんと見た事もないくせに娘が好きな番組を一緒に見た。妻は前の晩遅くに帰ってきて眠かったはずなのに娘に渡したスマホが気になって起きて来たのだ。不自然にテレビに目を向ける僕。その横に置かれた妻のスマホ。僕が何をしていたのかは一目瞭然だ。妻は自分のスマホを拾い上げるともう少し寝ると言いながらゆっくりと寝室に戻った。スマホを確認しなくても僕がどの写真を見ていたのかすぐに分かっただろう。どうせならLINEも見ればよかったな・・後になってそう思ったが、その時はそこまで頭が回らなかった。それに実際に見てしまうと完全に取り返しがつかなくなりそうで怖い。そんな事がありながらも今まで通り僕たち夫婦は普通に暮らした。側から見れば平穏な家族に見えただろう。しかし、この僕たちの生活の中に少しずつ少しずつあの男の顔が入り込んでくるようになった。.

それからこのことをどうやって娘に伝えるかって事に。 「しばらくの間お父さんが忙しくて早く帰れなくなったって事にして言ったらどうですか?」 「そうすれば必ず私に言いますからじゃあ家においでって言います」 とナイスなお言葉、全採用で。 「後は学校に来た時の対処考えないと」 って事でそれは明日俺が担任と話しておくって事になった。 今、娘に汚がお前の身柄狙ってるなんて言ったらどうなるかわかんないんで これが最善の策かと思ってる。 明日朝一で学校に電話して昼から休み取って学校行く事にした。 弁護士にもアポ取って相談することも言っといた。 話がまとまって先生が帰った後 「美人で良い人じゃないか」 「君もいつまでも独身って訳にはいかんだろ」 「娘子もなついてるんだし考えてみたらどうだ」 って言われてしまった。 まあそれはこの問題が片付いてから考える。 ひとつ変なのが汚と間がやけに金持ってるみたい。 ピーピーなはずなのに旅行だ服だ食事だって金使ってるみたい。 新車は、昨年暮れにいきなり買ってきたそうだ。 汚父は 「もう知らん何があろうと見殺しにする」 って言ってた 「君を養子にしたい」 とも言ってくれた。 「ともかく目の前の問題に全力を注ぎましょ」 でお開きにした。 後1時間半ほどで娘迎えに塾まで行くから作戦発動する。.

LINE.

関連するキーワード・タグ

前ページ 次ページ. 元カレと婚約者は違うだろうよ ただの元カレなら俺だってここまで怒らんよ だけど一度結婚を誓い合った仲は特別じゃんよ. Share on Tumblr. 先生が生徒 娘 と仲良いだけで、他人の家庭にヅカヅカと入るもんかね。しかも中学生でしょ。小学生ならいざしらず。 生徒見て気にいって親も気にいって、一気に攻略へ一直線!なんてなんて虫のいい話だなーとおもってさ. とにかく帰宅してからが勝負だ 言い訳考える間もなくスマホチェック&尋問だ. 嘘から核心へ。 1人で暮らし始めて三週間ほど経ち僕はその生活にも慣れていった。家事全般もそれほど苦手では無いので特に困るような事は無かった。それでも時折妻と男の幻影が浮かぶ時があったが、以前よりずっと気持ちは楽だった。家族と離れて暮らすようになってもう無理に普通を取り繕う必要も無くなり、その状況を受け入れ始めたのかもしれない。家族がいないのは寂しかったが1人でいられる心地良さに浸っていた。その頃から妻のLINEを使って娘がメッセージを送って来るようになった。「今日はカレーだったよ。」「おばあちゃんの手術したよ。」「ママは少し元気になったよ。」「パパはちゃんとご飯食べた?」それは短くてたわいもない内容だったが、娘たちの様子が垣間見れて嬉しかった。しかし同時に僕が遠い場所にいると思ってそれを送ってくれていることを考えると本当に心苦しくなった。そんなやり取りがしばらく続いていたある日、妻本人からメッセージが届いた。「母の膝の手術は無事に終わりました。 明日退院する予定です。」その事は僕も前から心配していたので一応、事務的に連絡をくれたような素っ気ない文面ではあったが、妻からLINEが来た事に驚いた。そしてそれ以来娘のメッセージに混ざってたまに妻も送って来るようになった。最初はただの事務的なやり取りだったが、時間が経つうちに少しずつお互いの近況や生活についての普通の話題も増えていった。その中で僕は妻に相談を持ちかけた。家族が離れて暮らす理由について良かれと思って娘についた嘘。僕が遠い場所に出張中というその嘘をやめたかった。これには妻もすぐに賛成してくれた。妻もまた僕と同じ気持ちだったようでとても安心した。いずれにしてもタイミング的に妻は術後の義母の世話でほぼ実家にいるし、僕も夜しか家に帰らないので娘は実家で暮らす方が都合が良かった。家族が離れた生活はそのまま続くけれどもう僕たちにその嘘は必要が無かった。こうして僕と妻は次第に普通に話せるようになってはきたがお互いにまだ核心には触れられないでいた。その核心に触れてしまうとやっと元気になったばかりの妻が一瞬で壊れてしまうような気がして僕はそれをずっと避けていた。しかしその核心に先に触れて来たのは妻の方だった。.

男の嫉妬は見苦しいねぇ こんなんで責めてくる男普通に嫌だろ 今回は良くても、これで責めた事は付きまとうしな.

net. NEWS CHOICE. net .

読書メーターについて

問い詰めたったwwwwwwwwwwwww 嫁ボロ泣きwwwwwwwwwwwwww. NEWS CHOICE. ネタ認定されても困るけど報告。 昨夜先生の家に娘と一緒に行ってずうずうしくもお願いして来た。 先生ご両親とても気さくな人で 「堅苦しい挨拶抜きで」 って事で娘の事情をもう一度話してお願いしてきた。 そのとき娘の生活費と下宿代として10万入れた封筒を渡そうとしたんだが 受け取り拒否された。 「孫みたいなもんだから爺婆が面倒見るのは当たり前」 だそうで俺としては心苦しい。 娘のほうはすっかり仲良しみたいで 「先生爺ちゃん、先生婆ちゃん」 って呼んでた。 手土産は箱入りメロン持って行った。 学校は担任の先生にアポ取って午後から半休取って行って来た。 小田原 周辺 釣り堀 俺と俺が指名した事を証明出来る人間以外には接触させないって事約束してくれた。 昨晩は久しぶりに娘のいない家で過ごしたけどなんか違和感があった。 因みに今日は急遽休みになってゴロゴロ中。.

昨夜先生の家に娘と一緒に行ってずうずうしくもお願いして来た。 先生ご両親とても気さくな人で 「堅苦しい挨拶抜きで」 って事で娘の事情をもう一度話してお願いしてきた。 そのとき娘の生活費と下宿代として10万入れた封筒を渡そうとしたんだが 受け取り拒否された。 「孫みたいなもんだから爺婆が面倒見るのは当たり前」 だそうで俺としては心苦しい。 娘のほうはすっかり仲良しみたいで 「先生爺ちゃん、先生婆ちゃん」 って呼んでた。 手土産は箱入りメロン持って行った。.

net 10.