王女ヘラ

発行者: 22.08.2021

アケローオス アクシオス アステリオーン ( 英語版 ) アーソーポス アナーポス アルペイオス イーナコス エニーペウス エーリダノス カアントス ( 英語版 ) クラデオス ( 英語版 ) ケーピーソス ( 英語版 ) ケブレーン サンガリオス シモエイス スカマンドロス ストリューモーン ネイロス ( 英語版 ) マイアンドロス ペーネイオス 冥界の河神 アケローン コーキュートス レーテー プレゲトーン ステュクス.

ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

ヘラ・ルドヴィシ ( 英語版 ) (1世紀頃) ローマ国立博物館 所蔵. ワンダーマリア に「いい子ぶる お前 などに 私 の気持ちがわかってたまるか」と言い返されると、「 貴女 は誰も愛することのできない憐れな方です」と口にした。 ヘラ と マリア 、女同士の戦いは続く。 ヘラ は 魔戦衣乱理メダル に聖心を乱されるが、 王女 としての誇りを奮わせ、 マリア の考えを心から憎み、トサカ ヒレのように並んだ角 の「 バットガード 」の力を強めて対抗した。 バットガードは ヘラ の心を司る部位。 ワンダーマリア はかつて、 バットキャッチ からそこに バットガード牙 をはめ込んだ。洗脳が解けかかった ヘラ の バットガード は、 心透心見の術 を使う ヤマト爆神 に 王女ヘラ の記憶を見せた 次動ネブラ を知り尽くした 王女 。さしもの ワンダーマリア も、二度目となれば普通の天使のようには行かない。 ヘラ は マリア の前から姿を消し、 魔幻型 へ向かい 魔覇ドラゴット 口内の甲殻球体を破壊した。 ドラゴット が粉砕されたことで、 魔幻型 が 造魔竜鬼 たちとともに化石化する。 ヘラ は デカネロン の消滅を見届け、 次動ネブラ を魔域化していた根源「 魔動源祖球 」が遠くの世界に飛び立つのを見る。これで 次動ネブラ は平和な世界に戻る。 魔幻型 頂上で感慨深く涙する ヘラ のもとに、大勢の天使・悪魔・お守りが集う。 次動ネブラ の先住民が戻ってきたのだ。これからは悪魔もお守りも天使も分け隔てなく、仲良く暮らしていける。前々から思い描いていた素晴らしい世界を築くため、 ヤマト爆神 が ネブラ に残留し協力してくれることになった。 ヤマト爆神 の側には ストライク天使 が寄り添う。 ヘラ は、 ヤマト爆神 と ストライク天使 の愛に、うっとりと微笑んだ。その後も、 次動ネブラ が楽しい世界に変わっていく様子を笑顔で見守る。 ・技 ヘラウィング 中村悠一 夢小説 ランキング. 固有名詞 古代ギリシア ミノア文明 ローマ神話 ギリシア悲劇 ギリシア喜劇 変身譚 星座 神託 ギリシア哲学 ドーリア人 アトランティス大陸.

自分の美しさを認めないという理由で パリス を恨んでいるため、 トロイア を滅ぼすことに執心しており、 トロイア戦争 では アテーナー と組んでギリシア側に味方する [1] 。ギリシア側の英雄たちを助けて戦いながらアテーナーと力を合わせ、敵対した アプロディーテー の情人であり自らの息子でもある、戦いを司る神・アレースを撃退する。また、ギリシア軍の劣勢に気をもむヘーラーはアプロディーテーの宝帯(装着するとあらゆる神や人の心を征服することが出来る)を借りて、トロイア軍を助けたゼウスを魅了し、暫くトロイア戦争のことを忘れさせようとした。腕っぷしも強く、トロイア軍を支援した アルテミス を素手で打ちのめす逸話もある [1] 。.

ドリュアス ハマドリュアス オレイアス エーコー アルセイス ナパイアー ランパス ヒュアデス ニュシアデス ヘーリアデス アマルテイア トリアイ メリアス メンテー ダプネー ブリトマルティス クローリス マプサウラー タレイア. アルゴナウタイ の物語では、自分を冒涜した ペリアース を罰するためアルゴナウタイを庇護してその冒険を助けている。. ヘーラーは オリュンポス十二神 の一柱であるとともに、「神々の女王」でもあった。威厳のある天界の女王として絶大な権力を握り、権威を象徴する王冠と 王笏 を持っている。虹の女神 イーリス と季節の女神 ホーラ たちは、ヘーラーの腹心の使者や侍女の役目を務めた。また、 アルゴス 、 スピンクス 、 ヒュドラー 、 ピュートーン 、 ラードーン 、 カルキノス 、 大サソリ などの怪物を使役する場面もある。世界の西の果てにある不死の リンゴ の園・ ヘスペリデス の園を支配していた。 結婚 ・ 産児 ・ 主婦 [6] を守護する女神であり、古代ギリシアでは 一夫一婦制 が重視されていた。嫉妬深い性格であり、 ゼウス の浮気相手やその間の子供に苛烈な罰を科しては様々な悲劇を引き起こした。夫婦仲も良いとは言えず、ゼウスとよく口論になっている。また、多くの神々や英雄たちの物語がヘーラーの敵意を軸にして展開することも多く見られる [7] 。.

[1]. [ ].

  • ポセイドーン アムピトリーテー トリートーン ロデー ベンテシキューメー ブリゾー ( 英語版 ) カリュプソー ケートー エウリュビアー エウリュノメー グラウコス イクチオケンタウロス ( 英語版 ) レウコテアー メリケルテース ネーレウス ネーリーテース ( 英語版 ) オーケアノス ポルキュース ポントス タラッサ プローテウス タウマース テーテュース テティス ドーリス.
  • アンドレア・アッピアーニ 『アプロディーテーの宝帯を借りたヘーラー』(年) 個人蔵.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. ヘスティア へすてぃあ. アルゴス の神殿にあるヘーラー像はカッコウのとまった玉杖と柘榴を持っていた [17] 。. 神話伝承 カテゴリ. オリュンポスに 住む神々 アスクレーピオス エイレイテュイア イーリス ヘーベー ヘーラクレース ハルモニアー ムーサ カリオペー クレイオー 死刑囚 拘置所 刑務所 タレイア メルポメネー テルプシコラー エラトー ポリュムニアー ウーラニアー ホーラ エウノミアー ディケー エイレーネー タロー アウクソー カルポー エウポリアー オルトシアー ペルーサー モイラ クロートー ラケシス アトロポス カリス アグライアー エウプロシュネー タレイア パーシテアー カレー カリス エリス エニューオー ニーケー ビアー クラトス ゼーロス.

ある日ゼウスとの間で「 性の快楽は男女どちらが大きいか? 」という他愛もない話題をこじらせて、夫婦喧嘩にまで発展させてしまう。比べようがないので決着がつかず(自在に女体化できるゼウスも、自ら女性の性の喜びを味わうことは出来ないらしい)、人間の中で 不思議なことが起こって 一時女性に変じた経験をもつテイレシアスという男に意見を求める。テイレシアスの答えは「女の方が男の10倍(あるいは9倍)大きい」というもの。要は「 女の方が圧倒的にスケベだ 」と言ったようなもので、散々女遊びを楽しんでいる夫よりも貞淑を貫く自分の方がそうだと言われては許しがたく、怒りのあまりテイレシアスの視力を奪うという罰をあたえた。ゼウスは夫婦喧嘩に巻き込んだ挙句にこんな悲惨なことになった彼を憐れみつつも、「ある神が起こったことを他の神が打ち消すことは出来ない」という掟には大神とて逆らえないので、代償として予言の力を授けてやったという。.

ジョセフ・ノルキンズ ( 英語版 ) ヘーラー像(年) ゲッティ・センター ポケモン サンムーン ケケンカニ.

GND : LCCN : no SUDOC : VIAF : WorldCat 王女ヘラ VIAF:.

ヘーラーの母乳は飲んだ人間の肉体を不死身に変える力があり、ヘーラクレースもこれを飲んだために乳児時代から驚異的な怪力を発揮できた。また、この時にヘーラクレースの母乳を吸う力があまりにも強かったため、ヘーラーはヘーラクレースを突き飛ばし、その際に飛び散ったヘーラーの母乳が 天の川 になった。なお、ヘーラクレースはヘーラーの子ではないが、「ヘーラーの栄光」という意味の名を持つ [1] 。ヘーラクレースが神の座に着く時、ヘーラーは娘のヘーベーを妻に与えた。. ガイ・ヘッド『アプロディーテーの宝帯を借りたヘーラー』(年) ノッティンガム美術館 所蔵.

ところで、彼女の部下は思いの外 ゲテモノ が結構いることに気付いたろうか。 実はヘラは 神々でも随一の魔獣コレクター であり、アルゴス地方近辺や タルタロス 出身の怪物が唐突に英雄の前に立ちはだかる場合は大抵がヘラの差し金。 恐らくティタノマキア時代にスカウトした反ティターン派の魔獣か、戦争後に軍門に下ったかどちらかだろう。 だが、女神の部下でも 川を汚染 したり人間を食っていたりする連中が多いので、彼女は北欧神話における ロキ と似たポジションにもいる 部下の中に人肉を喰らう馬がいるが彼女の馬車を引いているのがこの馬かは不明 。.

PDF .

気が強く、ゼウスの浮気を手助けした エーコー 、ディオニューソスを育てた イーノー と アタマース 、ヘーラーの容色の美しさを競った シーデー と ゲラーナ 、ヘーラーと意見を違えた テイレシアース などを罰している。. ニュンペー の カリスト は処女神アルテミスに仕える身として貞節を固く誓っていた清純派 美少女 。だが彼女に一目惚れしたゼウスは、こともあろうにアルテミスに化けて彼女を誑かし、 百合 まがいの行為に偽装して乙女の純潔を奪ってしまう。心ならずも孕まされたカリストはそれが露見するとアルテミスの寵愛を失い、お供を辞めさせられただけでも不幸だが、子供を生んだ直後にさらに恐ろしい運命が彼女を待ち受ける。ヘラは夫の浮気を「 ゼウスが魅了されるほど美しいのがいけないのだ!

元来は、 アルゴス 、 ミュケーナイ 、 スパルタ 等の ペロポネーソス半島 一帯に確固たる宗教的基盤を持っており、かつて アカイア人 に信仰された 地母神 であったとされ、北方からの征服者との和合をゼウスとの結婚で象徴させたと考えられる [3] スティメロ. カテゴリ : ギリシア神話の神 女神 オリュンポス十二神 地母神.

ティーターノマキアー ギガントマキアー 7将によるテーバイ攻め カリュドーンの猪狩り アルゴー船の冒険 ヘーラクレースの12の難行 エピゴノイ 不和の林檎 パリスの審判 トロイア戦争 ヘーラクレイダイの帰還. カオス - ガイア - エロース ウーラノス - ティーターン ヘカトンケイル - キュクロープス ギガンテス - タルタロス ハーデース - ペルセポネー ヘーラクレース - プロメーテウス ムーサ - アキレウス.

ジェームズ・バリー 『イデ山にあるゼウスとヘーラー』(年頃) シェフィールド美術館 ( 英語版 ) 所蔵.

: Wikipedia.

ペルセウス カドモス ヘーラクレース イアーソーン ディオスクーロイ テーセウス アキレウス オデュッセウス アイネイアース. 毎年春になると ナウプリア の カナートス の聖なる泉で沐浴して苛立ちを全て洗い流し、処女性を取り戻し [8] [9] 、 アプロディーテー にも劣らず天界で最も美しくなる。この時期にはゼウスも他の女に目もくれずにヘーラーと愛し合うという。. ヘラ・ルドヴィシ ( 英語版 ) (1世紀頃) ローマ国立博物館 所蔵.

[4] [1] [5]. [16] !